menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

犬が人に危害を加えると殺処分になる?!噛む犬の代償

噛む犬の代償

動物の殺処分(さつしょぶん)という言葉を聞いたことがありますか?

殺処分はその名の通り人間に都合の悪い動物を殺してしまう解決方法です。

ペットとして犬を飼う場合にはどうしても無視できない問題です。

飼主にとっては大切な愛犬でも、一定レベルを超えた噛み癖がある場合は保健所で殺処分にするしかないという残酷な結果になることもあります。

犬がちょっと人の手や足を噛んだという程度なら大問題にはなり難いかもしれません。それが家族に懐くこともなく、誰かれ構わず噛んでしまうとなれば問題です。

こうなると周囲からも「何とかすべき!」という声が上がり、家族も手に負えなくなって保健所に頼むという事になってしまうのです。

保健所の殺処分とは?

殺処分(さつしょぶん)と、言葉にすると何とも物騒で悲しい話ですが、家畜伝染病予防法という法律には伝染病に罹った動物や口蹄疫などの蔓延を防ぐために動物を殺処分にする事についての定めがあります。

噛み癖のある犬はこの範疇には入らないと感じる人も多いかもしれませんが、各自治体の保健所や動物管理センターには何らかの理由で「飼えなくなった」というだけで殺処分にされる犬が多数存在しているのです。

その数は1年間に約2万8000匹にも及び、うち幼犬が約4500匹(15%)、成犬が約2万3500匹(85%)という割合になっています。世の愛犬家にとっては、ちょっと厳しい結果かもしれません。

基本的に殺処分は禁止されている

基本的に犬を含めた動物は「動物愛護法」によって虐待や遺棄、殺傷が禁じられています。

法律で認められた目的がある場合や人間生活に著しい害を及ぼすなどの、明確な理由が無い限り生き物を殺す事は罪に問われます。

しかし、罪に問われるといっても人間のような殺人とはレベルが異なり、有罪であっても最高で罰金程度という違いがあります。

殺処分の例としては、ネズミや農作物を荒らすイノシシ、野鳥などの有害野獣の駆除の他、非常時、災害時の動物飼育施設(動物園)などで逃走防止として認められています。

骨折して走れなくなった競争馬なども、予後不良による理由が認められ殺処分の対象となります。

犬や猫のようなペットの場合、何らかの理由により飼い主が管理できない場合には遺棄や殺傷は認められていません。このような場合には所轄の保健所に届けて保護を依頼する形になります。

迷子になったペットも同様に保健所で保護されます。

避妊措置をとらなかったっために増えすぎて、処置に困った飼い主も合法的に子犬を処分するには保健所へお願いするしかありません。

また、ペットショップやブリーダーなどでは売れ残ったペットの処分も行われているといいます。

殺処分の権限や方法について

殺処分を実施する権限は、各地方の行政機関のみが持っています。個人が殺処分を行う事は認められていません。

また、殺処分の方法は法律で「できるだけ苦痛を伴わない方法(安楽死)」と規定されている範囲で実施されますが、実施機関により多少の違いはあるようです。

具体的には薬剤注射やガスなどがありますが、安全面や予算との関係上、炭酸ガス室による殺処分が多いようです。

噛み癖が理由でも殺処分になる

大切な愛犬を保健所で殺処分にするからには、特別な理由や事情があったのだろうと考える人もいるでしょう。

残念ながら殺処分にされる理由には、「病気で対処に困った」「転居したら飼えない」など飼主の勝手な都合も含まれています。

中には「犬に飽きた」「老犬になって見苦しい」「世話が面倒」などの理由で殺処分されてしまう犬もいるのです。

その理由の一つとして、「噛み癖がついて困っている」「人を噛むから処分せざるを得ない」「周囲から処分しろと抗議された」といったものもあります。

噛み癖で飼主を困らせたり、他人を噛んでしまい問題になった犬であれば、ご近所や親戚から処分しろと迫られるという例も少なくありません。

つまり、犬に噛み癖があり実際に他人を噛んだりして事件や事故を起こした犬は、保健所の殺処分につながる可能性があるという事です。

また、実際に飼い犬が人に噛みついた場合は、狂犬病の疑いが生じるため噛んだ犬はもとより、噛まれた被害者も法定検査が必要となります。

人を噛んだ犬の飼い主は、保健所に事故を届ける義務があり、また噛み傷の治療にあたった医師も警察や保健所に報告する義務があります。

噛まれた被害者も被害を保健所に通報する必要があり、場合によっては飼い主を告訴する場合も考えられます。

その結果、人に危害を加える犬という判決であれば、例え飼い主に従順な犬であっても殺処分命令が下される場合があるのです。

殺処分になるまでの間は?

保健所や動物管理センターでは管轄の条例にしたがって、いきなり殺処分にするのではなく保護を依頼された犬を一定期間飼育します。

その際、運よく新しい里親などが見つかればペットとして再出発する事になります。しかし、決められた期間が来ると引き取り手のいない犬は殺処分となります。

1年間に保健所やセンターに収容される犬の数は約6万匹ですが、元の家族に返される数は約1万5000匹、新家庭に貰われる数は約1万6000匹です。

残りの約2万8000匹は、残念なことに殺処分になっています。殺処分になりやすいのは噛み癖のある犬で、それは引き取り手が見つかり難いという理由も含まれているのです。

この殺処分には動物愛護などの立場からいろいろと異論もあるのですが、行政上は仕方の無い事とも言えます。

このような悲しい結果になら無い様にするためにも、噛み癖を無くす為のしつけを飼い主がするべきなのではないでしょうか?

殺処分にならない為にもしつけを!!

ペットの犬が飼い主の都合で殺処分になるという悲しい事実は、とても残念ですが、人に危害を加える犬(噛みつく犬)も場合によっては殺処分の対象になるのです。

犬を飼育している方は、犬が殺処分のような社会的な処分を受けないよう犬が噛みつくのを防止する為のしつけが必要であることも理解しておきましょう。

関連記事