menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

犬の噛む習性はしつけで変わる?

犬がものを噛むという行為は犬本来の自然な行動です。

犬がものを噛めないようになれば、犬の生活そのものが成り立たないのです。

人間であれば手と同じような役割(持つ、調べる、運ぶ等)も犬であれば噛むという行動で充足させるのです。

このように犬が噛むという行動をみせる時は犬がもっとも自然な状態で犬にとっていちばんやりやすい行動であるからです。

つまり習性と考えて良いでしょう。

ところで犬の「噛む」という行動は習性として認められるほど生活に根ざしているために、

犬の感情などの心理状態によって「噛む」という行動に移行しやすいという特徴があります。

怒った時に思わず手をあげる人間があるように、犬も怒った時にはまず噛みつく姿勢をとる犬も少なくありません。

犬が噛むのは必然的

こういった犬の「攻撃的な噛みつき行動」は本当は自然なもので自然の中では不可欠なものではありますが、

ペットとしての飼い犬の場合には飼い主や他人に怪我を与える危険性があり好ましくないものです。

また、犬のこういった攻撃性を逆に利用した番犬やセキュリティ犬、

狩猟犬なども必要なのですが攻撃を加える対象を良く選択するように訓練されていなければやはり危険な存在であることにかわりありません。

犬が人を噛まないわけ

ではどうしてペットの犬がこれほどまでに人間の生活に溶け込む事が可能だったのでしょう。

それは人間が「犬のしつけ」をすることができるからです。

人間は犬だけではなく多くの動物を飼いならす事ができます。

これは人間が動物の習性を理解して、飼育する目的でコントロールする事ができるからです。

特に犬の場合は既に有史以前から人間とともに生活していたようで、私たちとの関わりも大変深いものがあります。

私たちは犬を飼いならすという言葉を用いますが、

ある説によれば犬が人間を馴らしてこれまでのようなペット文化を築いたのだという説まであるほどです。

今日の犬と人間の関係においては、長い年月で培われた文化やノウハウがあります。

さらに、人間も犬もそのような伝統を学習できる能力が備わっています。

噛み癖のしつけの必要性について

犬の噛み癖問題においても良い解決法が存在しています。

但し学ばなければ良い関係は生まれません。

もし、犬を初めて飼育する人ならば犬の正しいしつけや飼いかたを勉強する必要があるのはこのためです。

そして犬の場合も勉強する機会は与えられています。

普通は子犬が生まれてすぐに母親や兄弟、仲間の行動を観察してある程度の学習が行われています。

最近は生まれて生後間もなく母親から離され人工的に飼育された子犬が多くなりました。

こういった「世間知らずの犬」は得てして初心者の飼い主などの誤った飼育で容易に「噛みつき癖」を持ちやすいと考えられています。

犬を飼育しようと思う前にまず留意しておきたい事として覚えておくと良いでしょう。

ちなみに小さな子どもにペットとして犬を与えるのであれば、犬のしつけに関して保護者が責任を持つ必要があります。

関連記事