menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

犬が噛む理由!犬の習性と本能に原因がある!

犬が噛む理由は犬の習性と本能が原因

頭の良い犬なのになぜ噛むのか?

犬はどうして人を噛むのでしょうか?

犬は動物の中でも知能の高い動物です。それでも犬が噛みつくのは、噛む衝動を抑えられない時か、反射的に噛みついてしまうという場合が考えられます。

噛む犬と噛まない犬の差はどこにある?

一般によく訓練(しつけ)された犬ならば、噛む前に自分を抑える事ができます。また、噛んでも良い物と悪い物の区別をつけることができます。

しかし、早くから母親から離された子犬などは、この学習がよくできていません。その影響で噛んで良い物と悪い物を区別できず噛んでしまいます。

犬は本来群れで生活する動物なので社会的に自分の立場を理解する能力があり、怒りや恐怖などで噛みつくような攻撃本能も仲間の存在や力関係で抑えることができるのです。

ところが人間の中で飼われていると自分の優位性を間違えて覚えてしまう犬もおり、自分の縄張りを犯す知らない人間や弱い子供などに噛みつくといった犬もいます。

よく、飼い犬が主人であるお父さんに対して吠えたり威嚇したりする事があります。反対にお母さんには従順なケースもあります。

これは、飼い犬の中で【1番:お母さん】【2番:犬自身】【3番:お父さん】という順位で覚えてしまった為に起こります。この場合賢い犬だから噛まないという事にはなりません。自分より下のお父さんには噛むという事が起きるのです。

賢いから噛まないという事ではなく、注意すべきことは犬が正しく学習をしているのかという事なのです。

飼主が知っておくべき「犬が人を噛む5つの理由」

次に、犬が人を噛んでしまう主な原因をご紹介します。

1.歯が生え変わる時期である

人間の子供でも歯が生え替わる時期には口中にかゆみを覚えるものです。これは犬であっても同様で、乳歯から永久歯に生え替わる「歯牙脱換期」には口のなかがムズムズとかゆくなります。

そのため、犬はかゆみが原因でイライラしたり、硬いものを噛んでかゆみを解消しようとするわけです。

歯の生え替わり時期の噛み癖対策としては、犬用ガムや玩具を与えるという方法が効果的です。

2.縄張り意識と攻撃本能がある

可愛いペットのワンちゃんにも、動物としての縄張り意識と攻撃本能があります。

見知らぬ人間が我が家に現われると「怪しいヤツ」と誤解して噛みついたり、自分のテリトリーを侵す存在として攻撃することがあるのです。

この2つの意識が郵便配達員や宅配業者に噛みついたり、我が家に遊びに来た人を噛むということにつながってきます。

犬には相手の人間の素性は理解できませんから、飼主がしっかりと学習させる必要があります。

3.遊びの一環として噛んでしまう

ワンちゃんの頭や顔を撫でようとしたとき、突然、噛みつかれて驚くというケースは少なくありません。これは犬が「人間が遊んでくれようとしている」と勘違いしているためです。

犬側としては攻撃的に噛みついているという意識はなく、遊びの一環として口や歯で相手を引っ張ってみたというところです。遊びのつもりの噛み癖をなくすためには、飼主の理解としつけが重要になってきます。

4.怒りや興奮で噛みついてしまう

犬にも人間と同じように「さまざまな感情」があります。

人間側が可愛いという気持ちで犬を撫でても、不快な場所に触られると怒りで噛んでしまうというケースも意外に多いものです。

何らかの理由で犬が興奮しているときに手を出すと、興奮状態のまま相手を噛んでしまうケースも少なくありません。

5.恐怖心を感じて噛みついてしまう

犬は怒りや興奮以外にも「恐怖心」という感情を持っています。

見知らぬ人や不思議な行動を取る人に対して、恐ろしい・怖い・何をされるか不安という感情で噛みついていく場合があります。

これは相手側は何もしていなくても、攻撃される前に攻撃しようという動物の本能なのです。

犬の攻撃本能!10の攻撃行動には気を付けましょう!

次に、犬の攻撃本能を10コご紹介します。本能的な攻撃行動ですので、しつけだけでは難しい部分もあります。

犬を安心させたり、飼い主との信頼関係によって徐々に取り払われるものでもあります。

こうした攻撃行動に対して放置していると、犬に噛み癖がついて飼いにくくなったり、周囲に迷惑を掛けるという結果になります。

1.縄張り意識による攻撃行動

犬が自分の縄張りを守るために敵を攻撃する行動です。

自分の縄張りと認識しているエリアに相手が入ってくると攻撃します。

2.遊びの攻撃行動

犬側にとっては遊びのつもりの行動ですが、人間側からすると「歯を当てる」「軽く噛む」などの問題行動に感じられるものです。

3.防護のための攻撃行動

自分の飼主の敵と判断した相手に対して攻撃する行動です。

飼主を守ろうという意識から攻撃します。

4.母性の攻撃行動

母犬によく見られる行動で、「我が子(子犬)を守る」ための攻撃です。

特に妊娠や出産でホルモンバランスが崩れると顕著になります。

5.恐怖による攻撃行動

犬が恐怖心を感じたときに攻撃するという行動で、虐待や過剰な罰など人間に追い詰められたときに出やすくなります。

6.食物を守る攻撃行動

自分の食物に手を出されると攻撃するという行動です。

子供が犬のおやつなどに手を伸ばしたりすると攻撃されることがあります。

7.所有物を守る攻撃行動

自分の玩具や毛布などの所有物を奪われないために攻撃します。

脅威となる相手に対して攻撃するという犬の本能です。

8.有意性のための攻撃行動

自分が相手よりも優位な立場であると示すための攻撃です。

オスの犬によく見られるほか、遺伝的に同家系の犬に共通した行動といわれています。

9.突発的な攻撃行動

明確な原因は分からないが、突然、相手を攻撃する場合もあります。

はなはだしい場合は脳の疾患が原因ということも考えられるでしょう。

10.転嫁性の攻撃行動

本来のターゲットへの攻撃を妨げられると、別の相手に対して攻撃する行動です。

まったく無関係な人に対して唸ったり、噛んでしまうこともあります。

犬が噛む理由は単純では無い

犬が噛むといってもその理由は単純では無い場合が多くあります。

犬がどうして噛みつくのか?大人しい犬が人に噛みつくようになったのは他に大きな理由がなかったのか?その噛みつく背景をよく考える必要があるのです。

また、噛みつくという1つの行動にしても、いろいろな複数の要素が組み合わされて発現するという場合もあります。

先ずは、犬の習性や本能を知り「どうして噛むのか?」を知っておく事が飼い主として大切な事なのです。


犬が噛む理由をチェック!
ドッグトレーナーが教える犬のしつけ方法公式サイトへ

関連記事