menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

飼い犬が吠えて困っている飼主が知っておくべき5つの事

飼い犬が吠えて困っている飼主が知っておくべき事

「我が家の愛犬が吠えるので困る」と悩んでいる飼主さんが、しつけをする前にぜひとも知っておきたい5つのポイントを紹介します。

ここで紹介するポイントを頭に入れたうえで、大切な愛犬のしつけ(しつけ直し)をスタートしてください。

本来、犬は吠えるものである

人間がしゃべったとしても驚く人はいないでしょう。

それと同じように、犬が鳴いたり吠えたりするのは当然の行為です。

犬は人間のような言葉で話す事はない代わり、鳴き方や吠え方の違いで何かを伝えようとします。

まったく犬が鳴いたり吠えたりしなくなったら、病気を疑ったほうがいいかもしれません。

飼主さんが「うちの犬が吠えてばかりで本当に困る」と考えていたとしても、世の中に吠えない犬はいないのだと、考え直してみてください。

夜中に飼い犬が吠える理由

真夜中だけに限らず、夜が更けてから飼い犬が吠えるのは困りものです。

飼主さんの家族やご近所の皆さんが寝静まってから吠え始めると、「これは大問題だ」「近所に文句を言われるかもしれない」と悩んでしまう事もあるでしょう。

元々、犬の祖先であるオオカミは夜行性の動物でした。

現代の犬は人間の生活に慣れて昼行性に変わっているものの、祖先の習慣の名残がゼロとは言い切れません。

そんな犬に「夜は吠えるな」と言うのは無理な一面もあるのです。

犬の睡眠パターンは人間と違う

私たち人間は、自分の生活パターンが1日24時間制である事から、犬も同じように24時間制で生きていると思いがちです。

犬の生態に詳しい研究者によると、犬の1日は7時間制のパターンであると考えられています。

この7時間制の生活パターンにより、犬は人間が活動している昼間に眠っていたり、人間が眠る夜間に起きて吠えたりするのです。

犬の知能指数は幼児くらい

犬の知能指数を人間でたとえると、3~4歳の幼児と同じくらいという研究結果があります。

知能指数の数値は犬種の違いや個体差、犬の年齢によっても多少異なるものの、少なくとも小学校入学前の子供と同じレベルと考えていいでしょう。

「うちの犬はいくらしつけをしても覚えない」と嘆いている飼主さんは、犬は3~4歳児くらいの知能と考えれば納得出来るはずです。

犬の都合と人間の都合は違う

ごく当たり前の話ですが、犬は人間の都合に合わせて生活しているわけではありません。

人間に飼われるようになってから、犬は可能な限り人間の都合に合わせて生活するように変化してきました。

だからといって本来の動物としての本能や生活スタイルをすべて失ったわけではなく、犬には犬の都合があると考えればしつけの仕方も変わってくるのではないでしょうか。

関連記事