menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

犬の無駄吠えは鳴き方の違いで原因を知れば解決出来る

鳴き方の違いで原因を知れば解決出来る

飼い犬が無駄吠えするからといって、怒ったり困ったりするばかりでは解決にはなりません。

犬の鳴き方には意味があり、その違いが分かれば原因もすぐに理解出来ます。

愛犬が吠える理由を知り、原因をなくす事で無駄吠えを解消しましょう!

「クーンクーン」と甘え鳴きする

犬が可愛らしく甘えるように「クーン、クーン」と鳴き続けている場合は、特別な要求や意味はないと考えて構いません。

単に暇で退屈しているか、何となく鳴いていると判断していいでしょう。

ここで「どうしたの?」「何があったの?」と構ってしまうと、次からは構って欲しくて鳴くようになります。

あくまで対応せず、どんな展開になるのか静観してください。

「クーン」「ワン」とミックス鳴きする

「クーン、クーン」と鳴いたかと思えば、ときどき「ワン!」と吠える場合です。

「クーン」は退屈だから暇つぶしとして鳴くパターン、「ワン!」は退屈だから構って欲しいと吠えるパターンです。

そこから「クーン」+「ワン」のミックスは退屈で暇だからたまには構ってほしいというサインと考えていいでしょう。

もちろん相手をしたのでは良いしつけにはなりません。

「ウーウー」と唸るように吠える

飼い犬が「ウー、ウー!」と夜中に唸るように吠えた場合は、何かを警戒して威嚇しているというサインです。

このような際には家のなかや周囲に異常がないかどうか確かめてみてもいいでしょう。

ただし犬を見に行ったりしないでください。

犬に顔を見せてしまうと「構ってもらえる」と学習して毎晩吠えるようになります。

「ワン!ワン!」と続けて吠える

「ワン!ワン!」と高い声で連続して吠え続ける場合は、犬が興奮状態にあるという事を示しています。

興奮した理由は何なのかをチェックするという方法もありますが、ほとんどの場合は必要ないでしょう。

「ワン!ワン!」と大声で吠える

「ワン!ワン!」と大声で吠え続ける場合は、警戒してほしいと知らせるという意味があります。

犬は何らかの脅威を感じているわけです。

泥棒や火事などの心配がないなら、顔を見せずに鳴き止むまで待ってください。

しつけという意味では決して構ってはいけません。

飼い犬が夜間に無駄吠えをするのを放っておくのはむずかしい事です。

家族も迷惑と感じるでしょうし、何より飼主本人も気になってしまうでしょう。

無駄吠えを直すためのしつけは「構わない」の一択しかありません。

多少ツライと感じてもこれを続ける事が有効な方法なのです。

関連記事