menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

子犬が夜中に吠える癖を直すための5つのしつけ方法

子犬が夜中に吠える癖を直す為のしつけ法

「子犬に夜鳴きはつきもの」とはいうものの、夜中に吠えられると飼主は困るものです。

家族が眠れないだけでも問題ですが、住宅状況によってはご近所迷惑の原因にもなってしまうでしょう。

子犬の夜中の無駄吠えを放置していると、成犬になってから直す事がむずかしいというのも大きな問題点です。

ここでは原因ごとに、子犬の夜中の無駄吠えを直すためのしつけ方法を紹介していますので、ぜひご参考にしてみてください。

1.寂しさから夜鳴きする

子犬が夜吠える原因のトップに挙げられるのが家族から引き離された寂しさや不安感です。

この家族というのは母犬や兄弟犬の事で、夜中に一人きりになると寂しく不安な気持ちが頭をもたげて鳴いたり吠えたりするというわけです。

しつけ法:子犬の寝場所にぬいぐるみを置く、夜のあいだはCDやラジオで音を流しておく、寝るときにお気に入りの玩具を与えておく、眠りやすいようにケージを覆う

2.飼主に甘えたくて吠える

飼主や飼主の家族に慣れてくると、子犬は甘えたくて夜鳴きしたり吠えたりする事があります。

これは誰でもいいから構ってほしいというサインです。

犬によっては寂しさや不安感が加わって夜のあいだ吠え続けるという場合もあります。

しつけ法:子犬が鳴いても顔を見に行かない、吠え続けても徹底して無視する、同じ部屋では寝ない、時間が掛かっても絶対に甘やかさないで無視し続ける

3.自由にトイレに行けなくて鳴く

子犬が自由にトイレに行けない寝場所の場合、トイレに行きたいと訴えるために夜鳴きする事があります。

鳴いたり吠えたりするたびに、家族がトイレに行かせるために起きるのは負担が多すぎるので、しっかりとした、しつけをしてください。

しつけ法:寝場所にトイレを作って使えるようにトレーニングする、子犬が寝る前にトイレを済まさせておく(寝ていたら一度起こしてトイレをさせる)

4.夜中にお腹が空いて吠える

犬も人間の赤ちゃんや幼児のようにお腹が空いたと訴えるために吠えます。

それは夜中であっても同様で、人間の生活リズムとはまったく関係がありません。

子犬に空腹を我慢しろというのは無理なので、しつけを施して解決しましょう。

しつけ法:飼主や家族が就寝する前に犬にエサを与える(1日の食餌量を決めておき回数だけを増やす、または直前の分を2回に分けて与える)

5.体力が余っていて鳴く・吠える

子犬はエネルギー旺盛なので、昼間、運動不足になっていると夜中に鳴いたり吠えたりする事があります。

散歩や体を動かす遊びが足りないのが、原因でしょう。

運動不足でストレスが溜まって吠える場合もあります。

しつけ法:日中に充分に運動させる、朝晩散歩をさせる、子犬が体を動かせる遊びをしてやる、ストレスが発散出来る遊びをさせる

関連記事