menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

吠える犬のしつけを力ずくでやると失敗するので要注意!

しつけを力ずくでやると失敗するので要注意

「愛犬の吠え癖を直そうと、いくら頑張っても効果が出ない」。

そういう経験を持つ飼主も少なくないはずです。

いろいろ試して駄目だとなると、最後には力ずくでしつけようとする飼主もいますが、強硬手段でペットを従わせようとしても成功は覚束ないので避けてください。

力ずくのしつけとは

犬を力ずくでしつけようとする例としては、「体罰を与える」という方法があります。

体罰といっても殴る蹴るなどの暴力を振るうわけではありません。

それでは動物虐待になり、飼主の資質が問われる事態になるでしょう。

しつけとしての体罰とは、犬の習性を利用して従わせるという方法です。

現代の犬の祖先は群れで生活していました。

群れにはリーダーがおり、命令を聞かない仲間に対しては制裁を加えて従わせていたのです。

人間である飼主は犬の祖先のリーダーのようなやり方は出来ませんが、似たような方法でペットの犬を従わせる事が出来ます。

力ずくのしつけ方法

その方法とは、犬が無駄吠えしたときに頭を押さえ付けたうえで、鼻と口を手のひらで覆うように掴むというかなり乱暴なやり方です。

頭を押さえ付けられるだけでも犬は驚きますが、さらに鼻と口を覆われてしまうと吠えたくても吠えられません。

犬が無駄吠えがひどいときに、この方法を繰り返し実行すると吠え癖はなくなります。

まさに力ずくの乱暴なしつけです。

犬に対する影響は?

頭を押さえ付けたうえに鼻と口を覆うというのは、まさに犬にとっては屈辱を感じる方法です。

抵抗する術を奪われて強制的に吠えられなくさせられるのですから、「リーダー(飼主)に制裁された」と感じてしまうでしょう。

このような方法では、飼主が「主人は私だ」と主張している事になり、犬はいやいや従うという図式になります。

力ずくで吠えるのを止められれば、犬は従うほかありません。

当然の事ながら喜んで従うわけでもなく、飼主との信頼関係は綻びていくでしょう。

ペットといっても、犬は感情を持つ頭の良い動物です。

飼主とは信頼と愛情で結ばれた関係を築くのが理想ですが、このようなしつけを続ければその関係も破綻していく結果になります。

犬が吠えるのは自然な行動です。

野山に暮らしていれば、犬は誰はばかる事なく自由に吠えているでしょう。

むやみに吠えてはいけないというのは、人間と共に生活するためのルールに過ぎません。

しつけの必要な環境で犬を飼うのなら、こうした乱暴な方法は出来るだけ避けてください。

飼犬の吠え癖を直すしつけの方法は他にもあります。

愛する犬との良い関係を続けていくためにも、無理のないやり方でしつけをしていきましょう。

関連記事