menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

子犬の鳴き癖や吠え癖を直すしつけでやってはいけない事

子犬の鳴き癖を直すしつけでやってはいけない事

子犬の時代は眠っているとき以外は、いつも鳴いているという犬もいます。

それほどではなくても、飼主や家族の姿が見えなくなると吠え始めたり、遊んでやらないと鳴き続けるという犬もいるようです。

犬のしつけは子犬の頃から始めるというのが鉄則なため、何とか良い習慣をつけようと努力する飼主も多いでしょう。

子犬の鳴き癖や吠え癖を直すためにやってはいけない事について紹介します。

大きな声で叱る

子犬が鳴いたら叱る、吠え始めたら叱るというのは良い方法ではありません。

特に鳴いたり吠えたりするのを止めさせようと、大きな声で叱るのは避けるべきです。

子犬は叱られても自分のやっている行為(鳴く・吠える)と、叱られる行為がイコールで結び付きません。

単に「誰かが大きな声で何かを言っている」としか思わないからです。

これでは叱った意味がなくなります。

犬によっては飼主の声だけを意識し、「いっしょに吠えてくれている」「自分が吠えるのを応援してくれている」と誤解してしまう事もあり逆効果になってしまいます。

大きな物音を立てる

犬が吠え始めると、それを止めるために勢いよくドアを閉めたり、手近の物を投げ付けて大きな音を立てる飼主もいます。

大きな音は子犬を怖がらせたり、怯えさせたりするので、吠えるのを止めさせる効果はあるかもしれません。

たとえ一時的に黙らせる効果はあったとしても、犬自身は理解していないのでしつけ効果は期待出来ないのです。

子犬はびっくりして吠えるのを止めますが、それを繰り返していると飼主を怖がったり、飼主が何かを手に持つと怯えるようになるので注意しましょう。

いちいち反応する

子犬にとって一番うれしいのは、飼主や家族が構ってくれる事です。

鳴いたり吠えたりするたびに、飼主や家族が子犬の行動にいちいち反応を示すと「反応してくれた(構ってくれた)」と喜びます。

そこで子犬は「鳴く(吠える)と構ってくれる」と学習してしまう事になります。

結果的に子犬は、構ってほしいときに鳴いたり吠えたりするようになるので、しつけの効果は出ません。

それどころか何かにつけて鳴く、吠えるという行為を繰り返し、反応がないと大きな声で吠えるようになるでしょう。

大切な愛犬のしつけのためには、大声で叱る、大きな音を立てる、過剰に反応するなどの行為は避けるべきです。

犬は家族の一員ですが、人間のような考え方が出来るというわけではありません。

ペットであっても、犬はあくまで動物ですので、その点を考慮してしつけをしてください。

関連記事