menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

無駄吠えする犬を叩いても良いしつけは出来ない

無駄吠えする犬を叩いても良いしつけは出来ない

「動物に暴力を振るうのは良くない事」と分かっていても、しつけという感覚で悪気なく叩いてしまうという飼主もいます。

飼犬を叩くという行為は、モラル的に問題であるだけでなく、しつけという観点でも無意味な行為と理解しましょう。

ここでは、無駄吠えする犬を叩いても、しつけの効果は上がらない理由を分かりやすく紹介していきます。

飼犬を叩くとどうなるの?

ペットの愛犬の無駄吠えを直そうとして、犬が鳴いたら叩くというしつけをしてしまう飼主がいます。

なかには「叩かないと分からないから」「強く叩いたわけじゃないから」と考える飼主もいるでしょう。

残念な事に叩いても犬は叱られたと感じていません。

軽く叩かれた場合でも、強く叩かれたと同じようなショックを受けます。

これはナゼなのでしょうか。

飼主が無駄吠えをする犬を叩いたとしても、犬は吠えたから叩かれたとは認識出来ないのです。

犬が吠えるのにはいくつかの原因があり、犬の立場からすると「ちゃんとした理由があるから吠えている」と考えています。

犬が吠えるという行為は、人間が言葉で何かを伝えるのと同じ意味があるわけです。

そのため、犬は「吠えるのは悪い事だから叩かれた」とは考えず、「何かを伝えようとしたら叩かれた」と感じてしまうのです。

犬を叩くしつけを続けると?

無駄吠えを止めさせるために犬が吠えるたびに飼主が叩いていると、次のような事が起こる可能性があります。

余計に吠える(吠え続ける)

犬は吠えたから叱られているとは考えないので、一時的に吠えるのを止めても再び吠え始めます。

軽く叩かれた場合、遊びのひとつだと勘違いして余計に吠える事もあります。

飼主に怯える(怖がるようになる)

犬であっても、叩かれれば痛みを感じます。

叩かれ続けると恐怖感を覚え、飼主を怖がるようになる事もあります。

そうした犬は飼主を怖がって、叩かなくてもそばに近づいて来るだけで怯えるようになってしまうのです。

怪我をする事もある

小型犬の場合、叩くタイミングが悪いと怪我をしてしまう事もあります。

飼主は軽く叩いたつもりでも、当たり所が悪くて骨折したという犬もいます。

特に幼い犬や、小さい犬は、はずみで怪我をする可能性があるので注意が必要です。

叩いてもしつけにはならない

犬のしつけのために叩くのは効果がないだけでなく、さまざまな弊害の原因になる事があります。

しつけのために叩くのは無意味であり、ときには飼犬を悪い方向に走らせたり、怪我をさせてしまう結果になります。

しつけのためでも愛する飼犬を叩くのは止めてください。

関連記事