menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

吠える飼犬の名前を呼んで叱るしつけ方法はタブー!!

名前を呼んで叱るしつけはタブー

飼犬が吠えるのを止めさせるために、名前を呼んで叱るしつけをする飼主がいます。

犬は名前を呼ばれれば自分の事だと分かり、一時的に吠えるのを止めるかもしれません。

飼主はこれで「しつけ」が出来ていると考えていたとしても、結果として上手くいかないというケースがあります。

吠える犬のしつけで名前を呼んで叱るのはナゼいけないのかという理由をご説明します。

犬の名前を呼んで叱ると「名前=叱られる」と覚えてしまう

犬がうるさく吠えると気になる飼主さんは少なくないでしょう。

自分自身や家族もうるさいと感じるかもしれませんし、隣近所への迷惑を考えて「早く止めさせないといけない!」と焦る事もあるはずです。

一時的に犬を静かにさせるには、名前を呼んで叱る方法が効果を発揮する場合もあります。

それで成功したからといって、同じ方法を繰り返していると、犬は名前を呼ばれるたびに「また叱られる!!」と感じるようになります。

犬の立場からすると「名前を呼ばれる=叱られる」と学習してしまうのです。

叱るとき名前を呼ぶと犬はどうする?

吠え癖をなくさせようと、飼犬が無駄吠えするたびに名前を呼んで叱ったとしましょう。

すると愛犬は名前を呼ばれるたびに「ビクッ」と怯えたり、「また叱られる」と予想して逃げ出すようになります。

そうした反応が進んでいった場合、愛犬は名前を呼ばれたり叱られたりしなくても飼主に近寄らなくなる、飼主を避けるといった習慣がついてしまうのです。

犬でなくても自分を叱る相手を好きになれないのは当然の成り行きです。

それが名指しで叱られるわけですから、愛犬に避けられるのは仕方のない事かもしれません。

飼犬が吠えても、名前を呼んで叱るのはタブーと覚えておきましょう。

叱るときは「ダメ!」「っし!」等、名前と関係ない言葉を使う

名前で叱ってはいけないという事が分かれば、あとはそれ以外の言葉を使うだけです。

よくあるのは「ダメ!」「っし!」等です。

場合により「静かに!」等でもよいでしょう。

ただし、毎回違う言葉を使うと犬には何のことかわからなくなってしまいます。

吠えない様に叱る為には、毎回同じ言葉で同じように叱ってください。そうしなければ、犬も理解できないのです。

まとめ:吠える犬を名前で叱らない!

犬は名前で呼ばれて叱られてしまうと、「名前=叱られる」と学習してしまうので、名前以外の「ダメ!」「っし!」等で叱ります。

また、毎回叱るときには同じ言葉で叱らないと、犬にも理解できなくなります。

飼い主本人はもちろん、家族全員で同じ言葉を継火曜に統一することも忘れないようにしましょう。

関連記事