menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

犬の無駄吠えでご近所トラブルが発生する!

犬の無駄吠えでご近所トラブルが発生する

飼犬が吠えると起こる問題の代表例がご近所とのトラブルです。

各市区町村の自治体や保健所でも犬の飼育に関する苦情はトップクラスの件数となっています。

犬に関する相談や苦情で最も多いのが

  1. 糞や尿の放置
  2. 鳴き声
  3. 放し飼い
  4. 悪臭

という順です。

保健所では飼主に対して基本的なしつけや飼育マナーの実施を呼び掛けていますが、適正な飼育を行なっていない飼主がいる事も事実です。

こうした問題はご近所の住人とのトラブルに発展する事が多く、警察への通報や裁判沙汰にまで発展する例もあるのです。

各自治体や保健所では「飼育マナーの啓発」や「犬のしつけ相談」などを実施しているものの、思うような効果が上がらないというケースも見られます。

単に可愛い犬を飼いたい、テレビや雑誌で見た犬を飼ってみたいといった飼主の場合、犬の習性やしつけ方法を充分に理解しないまま飼い始めてしまうのも理由のひとつです。

ペットは生き物であり、人間社会で共に生活していくためには飼主によるしつけが必要なのです。

しっかりしたしつけが出来ていない飼犬は、飼主とご近所の住人とのトラブルの原因になります。

ご近所に迷惑を掛けると…

犬に関する苦情や相談で、糞尿の放置に次いで多いのが「飼犬の鳴き声」の問題です。

犬の鳴き声や吠え声に対する反応は人によって異なり、一概にどの程度の大きさの声なら良い(悪い)、どのくらいの頻度なら良い(悪い)とは判断出来ません。

日頃から静かな生活をしている人なら、わずかな鳴き声でも「うるさい」と感じるでしょう。

家族に病気がちの人がいる、夜働く仕事をしている、眠りの浅い高齢者がいる、受験生の子供がいる等々の場合は、少しの鳴き声でも「うるさい」と感じやすいものです。

程度はどうであれ、誰かが迷惑と感じれば苦情が出る事になるので注意が必要となります。

ご近所トラブルが起こりやすいのは、飼主が苦情を受けても改善しない(出来ない)というケースです。

ほとんどの近隣住人はいきなり苦情を言うわけではなく、ある程度我慢を重ねたうえで限界を感じて直接口に出すという例が多く見られます。

思い切って苦情を言ったのに何の改善も見られないとなると、次は自治体や保健所への苦情、警察への通報、民事裁判の申し立てと進んで行きます。

現実問題としても警察への通報により、警察官が自宅まで訪れて来て「こういう苦情がありましたよ」と注意された飼主もいます。

改善が見られなければ再び警察に通報される可能性もありますので、大きなトラブルに発展しないうちに対策を考える必要があるわけです。

警察官が自宅に来るだけでも驚きでしょうが、裁判沙汰となればさらに大きな問題になるので充分に注意してください。

関連記事