menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

イヌが吠える主な原因7つとその理由

イヌが吠える主な原因7つとその理由

みなさんは「イヌが吠えるのは当たり前」「吠えるのに意味などない」と考えてはいませんか?

イヌは人間の赤ちゃんが泣くのと同じく、何かしら訴えたい事があるから吠えるのです。

野生の動物は吠え声で仲間に意志を伝えていると考えられています。

これは人間に飼われるようになったイヌも同様で、吠え声で周囲の人間に何事かを伝えようとするのです。

次にイヌが吠える7つの理由について探っていきます。

理由1 飼主への要求

イヌが吠える第一の理由は飼主に何かを要求したい事が原因となっています。

その原因としては「お腹が減ったからご飯をちょうだい!」「喉が渇いたからお水が飲みたい!」といった単純なものから、「ご主人に構ってほしい」「退屈だから遊んでほしい」といった心情的なものまで様々です。

理由2 不安感の訴え

飼犬をひとりで留守番させたり、屋外につないだままにしておくと不安感から吠える事があります。

イヌといえども不安や心配、孤独などの感情はあるもので、人間の子供がひとりきりにしておくと泣いてしまうのと変わりはありません。

この感情は「分離不安」と呼ばれるものです。

理由3 恐怖心の表現

突然、玄関の呼び鈴が鳴ったり、見知らぬ人が家に入って来たりすると、イヌは恐怖心から吠える場合があります。

イヌは呼び鈴や雷鳴に過剰に反応する、郵便配達員や宅配の配達員など見た事のない人間に吠えるなどの行動を示す事があります。

これはイヌの恐怖心の表現です。

理由4 イヌの社会的促進

イヌの祖先は群れを作って生活していました。

現在でも昔の名残で、一匹のイヌが何かの行動を起こすと、残りのイヌも同じような行動をするという習性があります。

それがイヌの社会的促進といわれる行動です。

ヨソのイヌが吠えると我が家の愛犬も吠えるというのは、社会的促進に基づいた行動といえるでしょう。

理由5 縄張り意識の主張

イヌは自宅の敷地や玄関に人が入ってくると吠える事があります。

これはイヌの縄張り意識が原因です。

自分のテリトリーと考えているエリアに他人が入ってくると、縄張りを主張するために吠えて追い払おうとするわけです。

このようなイヌの性質を活かして番犬として役立たせている例もあります。

理由6 痛みや病気を訴える

人間と同様にイヌも痛みがあると吠えて訴えます。

怪我や病気で体のどこかに不調があると吠えるという行動につながります。

いつもと違う元気のない吠え方をしていたら、怪我や病気を疑ってみてもいいかもしれません。

理由7 老化によるイヌの認知症

イヌにも認知症はあります。

主に老化が原因ですが、脳が衰退して認知症になるのです。

年齢から来るもので仕方がないともいえますが、出来れば何らかの治療を施す必要があるでしょう。

関連記事