menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

子犬を上手にしつける為の5つの叱り方

子犬を上手にしつける為の5つの叱り方

「子犬のしつけは難しい」「なかなか上手くいかない」と悩む飼主さんが増えています。

成犬と子犬の育て方には多少の違いがあり、経験ある飼主さんでも上手く行かない場合もあります。

何をすればしつけが上手く行くのか、何をやってはいけないか等、しつけで困っている飼主さんは、ここで紹介する上手にしつけるための5つの叱り方を参考にしてみてください。

1.ハッキリ短い言葉で叱る

子犬にも分かるようにハッキリした短い言葉で叱りましょう。

「ダメ!」「ノー!!」など、分かりやすい言葉を選ぶのがコツです。

避けたいのは「そんなことしちゃダメ!」「駄目って言ったでしょ!!」などの分かりにくい言葉です。

まだ知能が発達していない子犬に対しては、いつも一定の言葉で叱る必要があります。

この言葉を口にしたら叱っていると分かるようにしてください。

2.注意を引ける程度の声で叱る

子犬がはしゃいでイタズラしたり、熱中してしまっている場合は、注意を引ける程度の大きさの声で叱らなくてはなりません。

「まだ子犬なのだから驚かせてはいけない」と考えるのではなく、しっかり伝わるように低音で太い声が叱るのに適しています。

むやみに騒ぎ立てたりヒステリックに叱るのは逆効果です。

落ち着いて穏やかな口調で、少し野太い声を意識してみてください。

3.行動と結果を教えてやる

幼い子犬を叱る場合は、叩いたり怒鳴ったりするのは避けましょう。

自分がこういう行動をすると結果はどうなるのかを教えるために、犬の見えない位置で大きな音を立てて驚かせるという方法が効果的です。

子犬は自分のした行動で大きな音が鳴ったと思い込み、「悪いことなんだ…」と理解することができます。

これはハウスやケージのなかで無駄吠えしているときにも使えます。

4.無視することで自覚させる

うるさく散歩をせがむ、食事を要求して吠える、甘えて飛びついてくる等々の行為があった場合は、徹底して無視することで自覚を促すことができます。

一貫して無視を続けていると、いけないことなのだと自覚できます。

5.叱らなくていい育て方をする

子犬を叱るばかりでは健全な成長は望めません。

常に叱られていると、子犬は萎縮したりヒネくれてしまうようになります。

愛犬を叱らないで済むように、「してはいけないこと」ではなく「するべきこと」を教えてあげましょう。

すべきことを確実に実行したら、しっかりと褒めてあげてください。

関連記事