menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

犬のしつけでやってはいけない叱り方!

犬のしつけでやってはいけない叱り方

犬のしつけで悩んでいる、しつけ方で迷っている飼主さんに「絶対にやってはいけない叱り方」を紹介します。

上手に犬を叱ることができれば、しつけも自然と上手くいきます。

次のような叱り方は絶対に避け、愛犬との良い関係を築いていってください。

大きな声で怒鳴る

飼主が大きな声で怒鳴っても、犬は自分が叱られているとは思いません。

犬は自分がしている行為(イタズラや失敗など)と、飼主が大声で怒鳴る行為がイコールで結び付かないからです。

「イタズラをしたから怒鳴られた」、「トイレを失敗したから大声で怒鳴られた」というように原因と結果が結び付いていないと、しつけの効果は出て来くるはずもないのです。

これでは飼主が大声で怒鳴っただけ無駄という結果になります。

効果のない方法でしつけをするのは無意味な行為なので、絶対にしないようにしてください。

叩く、体罰を加える

犬が悪いことをしたからといって、叩いたり殴ったりの体罰を与えるのは避けましょう。

叩く・殴るという行為は大声で怒鳴るのと同様、犬は自分が叱られているとは気付かないので意味がありません。

犬の立場からすると「理由は分からないけど急に叩かれた」としか感じないからです。

痛みや恐怖で犬をしつけようとするのは誤った方法で、効果を得られないばかりか反撃されることもあるので注意が必要です。

マズルを掴んで叱る

マズルとは犬の鼻と口の部分の名称です。

飼主のなかには犬の顔を自分のほうに向けようとして、このマズルを鷲掴みにして叱る人がいます。

犬にとってマズルは非常に重要な部分であり、信頼関係が築けていないうちに掴むような行為をすると嫌悪感を植え付ける可能性があります。

いちど嫌悪感を抱いてしまうと、次からはマズルに触れようとするだけで抵抗したり逃げられたりするので注意しましょう。

じっと目を見つめる

人間同士の場合は、重要な話をするときに目と目を合わせるという方法が取られることがあります。

犬の場合は人間とは大きく異なり、目を見つめる行為は威嚇や攻撃を意味します。

じっと目を見つめて叱ろうとすると、犬は攻撃されるのではないかと不安になって目を逸らすはずです。

それでも無理に目を合わせようとした場合、犬は怖がって逃げたり反撃して来る結果になるので要注意です。

犬の叱り方の三原則

愛犬を上手く叱るためには次の三原則を守るようにしましょう。

  1. いつも決まった言葉で叱る(「だめ!」「ノー!」「いけません」等)
  2. 大声で騒がず、落ち着いた穏やかな口調で叱る(低音の声が良い)
  3. 気分で叱ったりせず一貫性を持つ(飼主の気分で態度を変えない)

関連記事