menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

犬を放し飼いで自由に育てるという方法は間違いだった!?

放し飼いで自由にという方法は間違いだった

犬は本来野生の動物だから、狭いケージなどに入れず自由にのびのびと放し飼いで育てたいと考えていませんか?

大邸宅に広々とした庭がなくても、せめて家のなかで放し飼いにして自由に育てようという飼主さんもいるようです。

このような飼い方は、犬を不安定にしてしつけに失敗する原因になります。

放し飼いがダメな理由とは?

犬を部屋のなかで自由に放し飼いにするのは、一見すると良い方法に思えるでしょう。

これを犬の立場からみると、「のびのび遊べて楽しい!」「自由に行動できてうれしい!」とはならないのです。

もともと犬の祖先は岩場の狭い洞穴や、地面の狭い窪みなどで生活していました。

現代の犬にもその名残りがあり、広くて明るい場所では安心できないという本能があるのです。

人間にとって広くて明るい部屋は快適ですが、犬にとってはストレスの溜まる環境ということができます。

言い換えると自由に放し飼いされている犬は気持ちが不安定でストレスを感じているとなるわけです。

しつけにも影響がある放し飼い

犬の気持ちが安定せずストレスが溜まると、自然と鳴き癖や噛み癖が出るようになります。

飼主がそれを叱っても、犬自身が安定した状態ではないので効果はありません。

「なぜ言うことを聞かないのだろう?」と飼主が強く叱ると犬は反発を覚え、無駄吠えや攻撃的な態度を取り始めます。

こうなると良い解決法が見つからず、飼主も悩む結果となるでしょう。

しつけが効果を生まないのには必ず何らかの理由があるのです。

その理由のひとつが、自由な放し飼いという方法の場合もあるわけです。

ケージやハウスは犬にとって快適

人間の観点からすると自由がないケージやハウスでも、犬から見ると快適で落ち着ける環境に感じられるものです。

かつての野生の犬の祖先たちが暮らしていた環境に似ているからです。

周囲にケージや衝立(ついたて)などの仕切りがあり、比較的暗い場所は犬の住みかにぴったりです。

これは身を隠したい、敵に見つかりたくないという犬の本能に合致しているためです。

だからといって特別に狭くて暗い部屋を用意する必要はなく、市販されているケージやハウスを利用すれば十分です。

ケージやハウスのなかには飲み水やトイレを準備しておき、ふだんはそこで生活できるようにしてあげましょう。

定期的な散歩や家族との遊び時間を作ってあげれば、運動不足になる心配はありません。

心配なら休日に犬が遊べる場所まで連れ出し、思い切り運動させてあげるという方法もあります。

犬のしつけを成功させるためには、叱ったりするだけでなく環境作りも重要なのです。

関連記事