menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

愛犬の名前を呼んで叱るのは間違ったしつけ方法!

愛犬の名前を呼んで叱るのは間違ったしつけ方法

我が家の愛犬を叱る時、「タロー、だめっ!!」「ハナちゃん、ダメよ!」というように名前を呼んで叱ってはいませんか?

犬の名前を呼んで叱るのは、しつけ方法としてオススメできません。

なぜ、名前を呼ぶのはダメなのか

愛犬を叱る際に名前を呼ぶ習慣があると、犬は「自分の名前が呼ばれたら叱られる」と考えるようになります。

常日頃から「タロー、だめっ!!」「タロー、止めなさい!!」というように、「名前+叱る言葉」を口にしている場合は犬も学習してしまうからです。

これは人間でも同様で、親が子供に対して「○○、勉強しなさい!」「○○、宿題はやったのか?」と言い続けていると相手は名前を呼ばれただけで「また勉強の話か…」と学んでしまうのと似たような現象です。

犬に対して名前を呼んだら叱るという行動が頻繁にあると、相手は名前を呼ばれたら飼主を無視するようになります。

なかには名前を呼ばれた途端に逃げ出したり、怯えてどこかに逃げ込む犬もいます。

犬を叱る時は別の言い方をしよう

飼主が犬の名前を呼ぶのは、叱る時だけではないのは言うまでもありません。

人間側はそれを理解していますが、犬のほうは理解できない場合もあります。

「ハナちゃん!!」と名前を呼ばれたから、飼主のほうに走って行ったのに叱られたという経験を何度もすると悪い結果になるのは上記で説明したとおりです。

これでは可愛がろうとして名前を呼んでも、犬は飼主のそばに寄って来なくなります。

犬を叱る時には名前ではなく、特定の言葉を使うように決めておきましょう。

例えば「ダメッ!!」とか「いけません!!」といった言葉です。

この言葉を使う際は、愛犬の名前を呼ばないように注意してください。

名前を呼ぶ時は良いことがある

愛犬の名前を呼ぶ時は、必ず良いことが起こると学習させましょう。

名前を呼んでエサやおやつを与える、一緒に遊んであげる、頭を撫でてあげる等々、犬が喜ぶようなことをしてください。

そうすると犬は「ハナちゃ~ん」などと呼ばれただけで、大喜びして飼主のほうに走ってきます。

犬が飼主を信頼するのは、このような繰り返しが続けられた結果です。

お互いの信頼関係を築くためにも、名前を呼ぶ際の法則を崩さないことが重要です。

愛犬を叱る際に使う言葉は、できれば家族共通であることが望ましいでしょう。

お父さんは「ダメ」と言うのに、お母さんは「ノー!!」と言うというのでも悪くはありませんが、統一されていれば犬も理解しやすくなります。

関連記事