menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

犬を叱る時に叩く行為はNG!人間不信にさせる原因になる

人間不信にさせる原因

愛犬がイタズラや粗相をした時、頭や体を叩いて叱るという方法があります。

これは「叩かれることで悪いことをしたと気付かせる効果がある」と思い込んでいる飼主がよく行なうやり方です。

犬は飼主や家族に叩かれると一時的に大人しくなりますが、しつけとしてはNGで悪影響を与える場合もあるので注意が必要です。

叩くしつけは悪い結果を生む

飼い犬が悪いことをした場合でも、叩いてしつけるという方法は良くないことです。

叩かれた犬は「悪いことをしたから叩かれた」とは理解できず、単に「痛い」「怖い」としか感じません。

これが人間であれば、叩いたあとに「こんなことをしちゃダメよ」とか「こんなことをすると叩かれるよ」と教えることもできるでしょう。

犬の場合は言葉が通じるわけではないので、「○○をしたから叩かれた」と結び付かない場合が多く、余計に興奮したり暴力に怯えて飼主を怖がるといった悪い結果を招いてしまうのです。

犬は叩かれると人間不信になる

犬を叱る時に叩く行為を繰り返していると、人間不信の犬になることがあります。

興奮して騒いでいたり、楽しく遊んでいる時に突然叩かれたら犬はどう感じるでしょうか。

もしも自分自身がそうした状況の時に、突然両親や学校の教師、職場の上司などから、いきなり叩かれたらどう思うかを想像してみてください。

叩かれた犬も同じような気持ちを味わっているのです。

理由がよく分からないまま繰り返し叩かれたり、何かというと叩かれるということになると犬は人間不信に陥ってしまいます。

これが続いた場合、犬は飼主が手を動かしただけでビクッと怯えたり、頭を撫でてやろうと手を伸ばすだけで身をすくめるといった行動を取るようになるでしょう。

叩いてしつけるという方法

犬のトレーニングに関する本やドッグトレーナーによっては、「犬を叩いてしつけても良い」と書いてあったり、そういった意見を述べる人もいます。

叩いてしつけるという方法は100%間違いではありません。

問題なのは「いつ」「どんなタイミングで」「どのように」という点です。

犬のしつけのプロは上手く犬を叩いてしつけを行なうことができます。

ところが慣れていない飼主は良いタイミングで叩くことができなかったり、間違った場面で犬を叩くなどの失敗をしやすいのです。

良い犬にしてあげようという気持ちで叩いてしつけようとしても、悪いタイミングで叩いてしまったり良くないやり方で叩いてしまうと人間不信の犬に成長して取り返しがつかなくなることもあります。

叩かなくても犬をしつけることは可能です。

犬を叩くという安易な方法でしつけをするのではなく、信頼関係を築けるような賢い育て方をしましょう。

関連記事