menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

意外と重要!犬の噛み癖を直す為のしつけ準備

犬の噛み癖を直す為のしつけ準備

犬の噛み癖は子犬の頃の「甘え心」や「遊び」が原因といわれています。

愛犬が甘え半分・遊び半分で噛んで来ると、ついつい叱れなくて放置してしまうという飼主さんもいます。そうして噛み癖を放置していて、成犬になってから後悔するのは飼い主さん本人です。

噛み癖の付いた犬でも、しつけ直しをすることは可能です。飼い主として後悔しない為にもキッチリしつけは行っていきましょう。

そこで、しつけをする前に知っておきたい事と準備しておきたい事があります。事前準備を行うだけで、しつけがスムーズに進みますので、一度確認しておきましょう。

覚えておきたい!しつけで飼い主が知っておくべき事

犬のしつけ3大法則

犬のしつけで覚えておきたい3つの法則!!

  1. 犬が良い事(して欲しい事)をしたら必ず褒めたりごほうびを与える
  2. 犬が悪い事(して欲しくない事)をしたら「ダメ!」「ノー!!」と単純な短い言葉で叱る
  3. しつけを行う時のルールは家族全員で統一する

犬は人間の幼児と同じ程度の知能とも言われています。その為、犬に分かり易いハッキリとしたルールと単純な言動でしつけを行うようにします。

「良い事」と「悪い事」を曖昧にせず、白黒がハッキリ分かるような態度を取ることが重要です。

これは、飼い主の家族全員で統一する必要がある事でもあるのです。

例えば、リビングのソファーに上って欲しくないお父さんは、犬に上らないように叱ったりしつけをしているのに、別の日に息子がソファーに上った犬と楽しく遊んでいてはダメだという事です。

これでは、別の日にまたお父さんがソファーに上った犬を叱ったとしても、犬は理解に苦しんでしまいます。

噛んではいけない物を学習させる

噛み癖がある犬は人や物を噛んではいけないことを分かっていません。

それは、知らないという事が一つと、犬にとって「噛むこと」は、本能に基づいた自然な行為だという事の二つが原因なのです。

犬が、人間社会で暮らす以上は人や物、他の犬を噛んではいけないということを教えてあげるのは飼い主の役目でもあります。

犬のしつけの中でも特に優先したいのが「噛み癖」です。犬に教えたい事は沢山ありますが、噛むという行為が最もトラブルになりやすい事ですので、噛んではいけない物を学習させるようにしましょう。

噛んでしまったら叱る

犬が人や物、他の犬を噛んでしまったら、すかさず叱るようにしましょう。ごく当たり前のことですが、しつけには繰り返しが重要です。

また、叱る時と叱らない時があると、犬は混乱して理解できなくなります。「噛んだら必ず叱る」「いつも同じ言葉で叱る」「時間が経たないうちに即座に叱る」というのが三原則です。

叱る方法としては主に、「言葉で叱る」「軽く叩く(つねる)」「構うのを止める(別の部屋に行く)」の3つで、どれも犬に「ハッとさせる」「びっくりさせる」のが目的です。特に軽く叩くのを誤解して痛みを与える事を目的としない様にしましょう。

褒美を与えるしつけと罰を与えるしつけの基本を知る

犬のしつけの基本となるのが、褒美を与える事と罰を与える事です。この二つの方法を用いる事で、噛み癖のしつけ直しもスムーズに行えるようになります。

この褒美を与える事と罰を与える知識が間違っていると、無駄なしつけとなってしまったり、飼い主や犬のストレスの元となりかねません。

もっとも重要なご褒美を与えるしつけ

基本的には犬が正しい行動をしたら、褒めたりごほうびをあげてしつけるという考え方で間違いありません。

ご褒美を与えるしつけ例(褒めるご褒美)
噛み癖のある犬が甘えて手を噛んできたような場合、「ダメ!」と言ったら噛むのを止めた。言う事を聞いたのでオヤツを与える、そうする事で自発的に噛まなくなる。

犬が噛む→「ダメ!」→噛むのを止める → オヤツを与える → 噛まなくなる

このように、犬が正しい行動をしたら犬が喜ぶような刺激(オヤツなどの報酬)を与え、次の正しい行動に導くという褒め方があります。

これを人間の子供のしつけでいうと、テストで100点を取ったらゲーム機を買ってあげるというようなイメージになります。

ご褒美を与えるしつけ例(罰をやめるというご褒美)
「犬が正しい行動をしたら叱らない」「噛んでいる犬が噛むのを止めたら無視するのを止める」等の犬が嫌がる行動をしないというご褒美です。
少し分かりにくいかもしれませんが、犬が良い行動をしたら犬が嫌がるような行動を止めるというように考えると良いでしょう。

犬が噛まない → 叱らない、無視するなど嫌がる行動を取らない → 噛まなくなる

これを人間の子供のしつけでいうと、宿題をやったらお手伝いを免除してあげるというイメージになります。

第二手段の罰を与えるしつけ

罰を与えるしつけ例(叱る・無視する罰)
犬が人間の手を噛むなどの誤った行動をしたら、叱るなどの罰を与えてしつけるという考え方です。

噛み癖が出たタイミングで「ダメ!」と怒ったり、犬を無視して遊んであげない等の罰を与えると行動が改まるというしつけ方法です。

犬が噛む → 「ダメ!」または罰を与える → 噛まなくなる

このように、犬が誤った行動をしたら犬が嫌がるような刺激(叱る、無視するなど)を与え、次の正しい行動を導き出すというしつけ方法の考え方です。

これを人間の子供のしつけで例えると、寝坊をしたらオヤツ抜きというイメージになります。

罰を与えるしつけ例(ご褒美を取り上げる罰)
犬が誤った行動をしたら、オヤツ(というご褒美)をあげない等の方法でしつけるという考え方です。

噛み癖のある飼い犬が人の手などを噛んだら、「オヤツをあげない」「遊んであげない」等の罰を与えてしつけをします。

犬が噛む → オヤツ等の褒美を取り上げる → 噛まなくなる

これを人間の子供のしつけでいえば、部活をサボったら小遣いを減らすというイメージになります。

しつけを始める時に準備しておきたい物

「愛犬に噛み癖があるからしつけをしたい」と考えているなら、実行に移す前に3つの準備をします。

  1. ご褒美の準備
  2. 罰の準備
  3. 噛むシチュエーションの把握
この3つの準備をしているかどうかで、噛み癖を直すしつけの成功と失敗が分かれるといっても過言ではありません。簡単な準備ですので、事前にしっかり確認しておきましょう。

飼い犬が喜ぶご褒美の準備

犬のしつけで欠かせないのが、愛犬が喜ぶご褒美の準備です。ご褒美の種類としては、オヤツや玩具、飼主からの愛情表現などが挙げられます。

愛犬のオヤツ
オヤツとは主食以外の食べ物のことで、犬用のお菓子やスナック類を指します。

人間用のお菓子を与える飼主さんもいますが、愛犬の健康を考えて低カロリーのヘルシーな犬用オヤツが適しているでしょう。

犬の玩具(おもちゃ)
愛犬が気に入っている玩具や、好みそうな玩具を準備しておきます。

ぬいぐるみ、ゴム製や木製の玩具、ボール、骨型のオモチャなどが人気です。

我が家の飼い犬が好むもので、遊んでも安全なものを選んでください。

飼主の愛情表現
愛犬を撫でる、いっしょに遊ぶ、「よーし」「いい子だね」と褒めるといった方法があります。

このようなご褒美は、犬のしつけでは有効な結果を招くものです。しつけの過程で効果的に使ってください。

飼い犬を叱る罰の準備

犬のしつけでは褒めたりごほうびを与えるだけでなく、叱る手段も考えておく必要があります。

飼主が叱る言葉
愛犬を叱るときは常に一定の言葉で叱ると効果があります。犬にも分かりやすいように、「ダメ!」「ノー!」などの短い言葉で叱りましょう。

犬を驚かせる方法
大きな音を立てたり、布を犬にかぶせるなどの方法があります。愛犬が驚いて噛むのを止める等の効果を狙うものです。

道具を使う方法
嫌な臭いを嗅がせる(食酢スプレー)、嫌な味を味あわせる(噛みつき防止剤)などの方法です。ご家庭にある酢を薄めたスプレーや、市販されている噛みつき防止剤を準備しておきましょう。

噛み癖の法則をリサーチ!噛むシチュエーションの把握

犬の噛み癖を直すためには、やみくもにしつけをしても効果が得にくいものです。

我が家の犬がどんな時に噛むのか、噛みやすいのはどのようなシチュエーションなのかをリサーチしておきましょう。

よくある噛み癖の例としては、「乳歯が永久歯に生え替わる時期」「人間が犬を撫でようとした時」「エサを取られると感じた時」「オモチャを奪われると思った時」などがあります。

犬の噛み癖が出やすいシチュエーションが分かっていると、しつけもしやすくなるので成功の確率が上がります。今まで噛まれた事や何かを噛んだ時はどんな時だったのか思い出してみると良いでしょう。

しつけ前の準備が重要な理由

犬は基本的に賢い動物ですが、飼い主がしっかりと学習させていないといわゆる「バカ犬」として成長していしまいます。

そうならない為にも多くの飼い主は「しつけ」を行うのですが、事前準備の不足や飼い主の知識が間違っていたりするケースが多くあります。

「しつけはどうやるの?」「しつけ方の種類は?」など準備している段階で、飼い主として多くの事を学ぶ機会がやってきます。つまり準備をしながら自然としつけに関する知識も増え、結果的にしつけも上手く行くという流れになります。

ですので、しつけ前の準備に意識を向けるのはとても大切だという事になります。

関連記事