menu

噛む犬をしつけないと大変なことに

犬の噛み癖の理由と原因・子犬の甘噛みは問題無い?

犬の噛み癖の理由と原因

噛み癖のある犬は子犬の時から成犬にかけてのしつけに原因がある

噛み癖のある犬は飼い主にとって大きな悩みの種です。家族や遊びに来たお客さんに噛みついてしまったり、家具をボロボロにしてしまったりしてしまいます。

子犬の甘噛みであれば噛んでも痛くありませんが、そのまま成長し成犬の力で人を噛んでしまう事で大けがをしてしまう事にもなりかねません。

この犬の噛み癖は、噛んでも良い物と噛んではダメな物が理解できずに過ごしてきた犬に現れる行動なのです。

ですので、一刻もはやく飼い犬に噛んでも良い物と噛んではダメな物を教えてあげる必要があるのです。

犬の噛み癖の主な原因

犬の噛み癖には大きく4つの理由があります。

1、何となく噛んでいる生理的なもの
「歯が痒いから噛む」「落ち着かないから噛む」など

2、遊びの延長などで噛んでしまう習性的なもの
「楽しくてつい噛んでしまう」「もっと遊んでほしいから噛んでしまう」など

3、不安や怒りから噛んでしまう興奮的なもの
「嫌な気持ちで噛む」「自分のテリトリーを犯されて噛む」など

4、しつけや訓練では難しい精神疾患的なもの
「行動や制御を伴う脳に何らかの異常から噛む(狂犬病など)」「ストレスで噛む(ノイローゼなど)」

があります。

1から3番までは犬がまだ「噛む事=いけない事」と理解していないのが原因です。1から3番の噛み癖を直すには、噛んではいけないと理解してもらう必要があるのです。

ただし、犬は噛むことでストレス解消をしたり落ち着くといったこともあります。

全ての物を噛んではイケナイという事ではなく、犬のおもちゃや骨ガムを与えて「これは噛んでも良いもの」を理解させ、人や他の動物、家具などは噛んではイケナイとしつける事が大切なのです。

噛んでも良い物しつけ例

おもちゃや骨ガムで遊ばせる時には飼い主も楽しそうに接してあげ、頭を撫でたりほめたりしましょう。

そうするとコレは噛んで遊んでも良いものなんだなと認識してくれます。

噛んではいけない物しつけ例

犬が噛んではいけないものを噛んだときには、犬にダメだと教える必要があります。

方法としては「無視」したり、「ダメ」と驚かせたりします

注意点として恐怖や怒りとなるような叱り方や怒鳴ってはいけないという事です。これらを続けることで徐々に犬も覚えてくれます。

精神疾患的な理由で噛む場合には動物病院で治療

もし4番のような理由で噛むという場合にはしつけのみでは対応しきれないので、動物病院での診察や相談をするという事を覚えておきましょう。

子犬の甘噛みグセの理由

子犬が飼主の手や指などを甘噛みするのは愛らしい行動と感じる人も多いかもしれません。

小さな体に愛くるしい顔、たどたどしい仕草で手指を噛んでくる様子を見ると、「うちの子は何てカワイイんだろう」と思う飼主さんも少なくないでしょう。

子供のうちは愛らしく思える甘噛みグセですが、大人の犬になっても噛み癖が残るのはかなり問題です。

飼主への甘えと愛情表現

子犬が甘噛みしてくる理由のひとつが、飼主への甘えや構ってほしいという愛情表現です。

これは子犬特有の感情と行動で、飼主に甘えたくてたまらない、何とかして構ってほしい、遊んでほしいという気持ちの現われといわれています。

飼主の関心を惹き、可愛がってほしいというわけです。

軽く甘噛みすることで「ボクはここにいますよ」「私と遊んで!」と訴える行動です。

特に子犬が甘噛みしてくるのが、寂しくてストレスが溜まってしまったとき、もっと遊びたいのに途中で止められてしまったときです。

ここで可愛いからといって放置していると、成犬になってからも噛み癖が残って人に怪我をさせたり、家具などを傷つける場合もあるので注意してください。

乳歯の生え替わり時期

子供の歯である乳歯が抜けて大人の歯(永久歯)が生えてくる時期にも甘噛みが起こりやすくなります。

歯の生え替わり時期には歯や歯茎がムズ痒いので、物や人に甘噛みをするようになるわけです。

特に注意したい!乳歯の生え替わりで噛み癖がつく?!

犬が噛み癖がついてしまう大きな理由の一つに「子犬時代の乳歯の生え替わり」という原因があります。

これは歯の生え替わり時期にムズ痒さを解消しようとして、何かを噛むクセがついてしまうというものです。

生え替わりの歯牙脱換期

「歯牙脱換期(しがだっかんき)」とは、犬の乳歯が抜け落ちて永久歯に生え替わる時期のことをいいます。

犬種によって多少の違いはあるものの、犬の乳歯が生え始めるのは生後3週間目あたりです。

その後、1~2カ月程度で乳歯が生えそろいます。

乳歯は4~8カ月齢までに抜け落ち、徐々に大人の歯である永久歯に生え替わるのです。

この生え替わりの4~8カ月間が犬の歯牙脱換期です。

生え替わり期間は乳歯が抜けてポツリと穴が開き、そこから次第に永久歯が顔を出してくるのでワンちゃんの口中を確認してみると分かりやすいでしょう。

ときには抜け落ちた乳歯を部屋のカーペットの上で発見したり、ワンちゃんが甘噛みしていた玩具に食い込んでいるのを発見する飼主さんもいるようです。

歯牙脱換期に噛み癖がつきやすい

乳歯が抜け落ちて永久歯が生えそろうまでの歯牙脱換期には、口のなかや歯茎がムズムズと痒くなります。

これは人間の幼児でも同様で、歯の生え替わりの時期にはチクチクとした痛みや何ともいえないムズ痒さに泣いたり苛立ったりするケースが多く見られるようです。

犬の場合も歯牙脱換期にムズ痒さを解消しようとして、人や物に噛みつく癖がつきやすくなります。

飼主が撫でようとすると手や指に噛みついたり、部屋のなかの玩具や家具を噛むようになるワンちゃんもいます。

この時期の噛み癖を放置していると、成犬になっても噛み癖が直らないという結果になってしまうわけです。

歯の生え替わり時期に注意しよう

愛犬に噛み癖をつけさせないためにも、歯の生え替わり時期には十分に気を付ける必要があります。

子犬の乳歯が抜け始めるのは生後4~5カ月の時期です。

最初は切歯という食物を噛み切る前歯が抜け、次いで食物をかみ砕く犬歯、奥歯にあたる前臼歯や後臼歯が抜け変っていきます。

犬の乳歯は28本ですが、生後8カ月程度までに永久歯が42本生えてきます。

歯のブラッシングのときにグラグラしていたり、口の周りに血がついている、口臭がする、食欲が落ちるなどの状況が見られたら歯牙脱換期かもしれません。

この時期に噛み癖をつけてしまわないよう、噛んではイケナイものと噛んでも良い物を犬に学習してもらうようにすると良いでしょう。

犬が噛む行為はおかしくない

犬はペットとして飼育されてもう歴史も長いですが、依然として犬が人を噛むといった事故は無くなりません。

犬は本来「噛む」といった行動が本能に刻まれているので犬である限り「噛む」という事は生活の一部で避けられない日常的なものなのです。

犬が人間のように手で物を持ったり、武器を持つ事が出来ないので犬自身が自分を守るためには、噛むことが唯一効果的な方法で合理的な行動なのです。

また、食物を摂る場合には食物を細かくして消化を助け、野生だった犬の先祖では獲物を捕獲する時にも噛む必要があります。

その他にも、遊んだり物や子犬の運搬さらに愛情表現の手段としても使います。初めて触れるもの物理的な性質を調べる時も硬さなどを調べる目的で噛んだりします。

ですので、犬が噛むのはおかしい事ではありません。ただ、噛んではイケナイものを知らないのでは人間に飼われて人間と共同生活するという点では問題があります。

人間も噛む動物!?

私たち人間であっても噛む行動は犬と大差ありません。

大人になるとあまりしませんが、赤ちゃんや幼少期では何でも口に入れ噛んでしまうのは普通のことです。

また、爪を噛んだり、怒った時やイライラした時に歯を食いしばる事もあります。これらは成長し教えられる事などで次第になくなります。

犬も本能的には噛むことが刻まれているので、成長する間に噛んではいけない物を教えることで改善されるようになります。

犬が噛む理由を知り付き合っていく

以上のように同じ「噛む」という行為も単純ではなくいろいろな種類やレベルがあることがご理解頂けたと思います。

犬が噛むという場合にも噛む本当の理由を良く知らなくては適切な対策はできません。

また、噛む事は生活の一部なのでむやみに行為を抑止するとかえって不都合が生じる場合もあるという事も覚えておきましょう。

以上を理解した上で、犬のしつけや噛み癖に対処していくことで、必ず噛み癖は直っていくのです。

関連記事